大検の勉強法について

試験には特性というものがあります。
多くの場合、それは少しでも高得点を取ることを目的にしています。
仮にそれが苦手な人であっても、「せめて平均点はとりたい」と願うことでしょう。
しかし、大検はそういったものとは無縁なものなのです。
 
大学検定試験の目的は大検(高卒認定)の資格を取得することです。
そのためには合格要件を満たすことが目的になります。
大検の合格要件は全科目で合格点を取ることです。
しかも、高校中退者であれば中退時期によって受験が免除になる科目もあります
 

 
さらに、大検の難易度はの40~50点ほどと言われていますので、そこまで高いものではありません。
ですから全科目で合格点をとると聞けばとてつもない目標に感じるかもしれませんが、この合格ラインを知れば少しやる気も出てくるのではないでしょうか。
基本的な重要語句をしっかりと暗記しておけば、特別な応用力がなくても合格を得ることができます。※あくまでも中学の基礎などを理解している場合
 
高得点を狙う必要のない試験
多少語弊があるかもしれませんが、高得点を狙う必要がないので、少々中途はんぱな勉強になっても時間を有効に使う方法を考えられると、それで十分なのです。(でも大検の過去問</a>は最低限繰り返しする必要はあります。)
つまり、<50点も100点も同じ価値という非常に珍しい試験であると言えます。
 
付け加えるならば仮に全科目合格できなかったとしても不合格分だけ次回に持ち越すことができることでしょう。一発勝負ではないので、チャンスが多く感じることでしょう。
 
http://www.antibirokrat.com/category2/